【知らないと損する】暗号資産(仮想通貨)購入時の「販売所」と「取引所」の違いをわかりやすく解説

【知らないと損する】仮想通貨(暗号資産)購入時の「販売所」と「取引所」の違いをわかりやすく解説

「“販売所”と“取引所”ってなに? どう違うの?」

「ビットコインを購入したいんだけど、販売所と取引所、どっちでも買えるの?」

「販売所と取引所の特徴やメリット・デメリットを教えてほしい!」

コインチェックやビットフライヤーを始めとする「暗号資産取引所事業者」は、ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)を購入する方法が2種類あります。

ふじさと

それが「販売所」と「取引所」です。

そこで今回は「販売所」と「取引所」の違いや特徴などを、難しい言葉を使わずにわかりやすく解説していきます。

この記事を読めば、暗号資産(仮想通貨)の購入前に損せずにすみますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

「販売所」と「取引所」の違い

仮想通貨(暗号資産)取引所と販売所の違い

販売所」と「取引所」の違いはなんでしょうか?

それは、売買をする相手が違うということ。

販売所とは

販売所とは

販売所とは、暗号資産業者と直接取引をするところです。

あなたが暗号資産(仮想通貨)を売買したい場合に、コインチェックやビットフライヤーなどの暗号資産業者とやり取りをして取引します。

取引所とは

取引所とは

一方で取引所とは、暗号資産業者が「仲介」となり、ユーザー同士で暗号資産(仮想通貨)の売買をするところです。

たとえるなら、「販売所」はお店で商品を購入するイメージ。「取引所」はメルカリのようなユーザー同士で商品を取引するイメージです。

ふじさと

要は取引をする相手が「暗号資産業者」なのか「ユーザー」かになります。

販売所の特徴、メリット・デメリット

仮想通貨(暗号資産)販売所のメリット・デメリット

販売所のメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

販売所のメリットとデメリット

販売所のメリット

販売所のメリットは次の3つ。

販売所のメリット
  • 確実に売買が成立する
  • 初心者でも簡単に取引できる
  • 少額から取引できる

確実に売買が成立する

販売所のメリットは、確実に売買ができること。

コインチェックやビットフライヤーなどの、暗号資産業者が決めている価格で取引できるからです。

買いたいときや売りたいときに、すぐに手続きできるのは大きなメリットといえるでしょう。

初心者でも簡単に取引できる

続いては初心者でも簡単に取引できる点です。

ふじさと

「買う」と「売る」の2択を選択するだけで、だれでも簡単に取引できます。

初心者でも直感的にわかるため、迷う必要がなく簡単です。

少額から取引できる

ビットコインは現在500万円前後しますが、販売所では少額から取引が可能です。

たとえばコインチェックは、500円からビットコインの購入ができます。

「最初は少ない金額から慣れていきたい」という方にピッタリといえます。

販売所のデメリット

販売所のデメリットは次のとおり。

販売所のデメリット
  • スプレッド(手数料)が高い

スプレッド(手数料)が高い

販売所の最大のデメリットは、スプレッド(手数料)が高いこと。厳密にはスプレッドが“狭い”“広い”といいます。

スプレッドとは 「購入時」と「売却時」の価格差のこと。

たとえば1BTCが500万円の場合、500万円の価格で売買できるわけではなく、実際には「購入価格」が510万円、「売却価格」が490万円というように、価格の差があります。

この20万円の差をスプレッドといいます。

「購入」が4,735,200円

「売却」が4,453,400円

コインチェックでは、1BTC=459万円のときの差は、281,800円ものスプレッドがありました。

初心者にも簡単で少額から取引ができる分、スプレッドが高い(広い)のが大きなデメリットといえます。

取引所の特徴、メリット・デメリット

仮想通貨(暗号資産)取引所のメリット・デメリット

続いては、取引所のメリットとデメリットを紹介します。

取引所所のメリットとデメリット

取引所のメリット

取引所のメリットは次の2つです。

取引所のメリット
  • スプレッド(手数料)が安い
  • 「成行」や「指値」など自分が売買したい価格で取引できる

スプレッド(手数料)が安い

取引所の最大のメリットはスプレッド(手数料)が非常に安い(狭い)こと。

コインチェックの場合、取次所の手数料は無料です。

取引所での購入価格は「459万円」となり、販売所の「473万円」で購入するより、約13万円も安くなります。

ふじさと

その差は歴然ですね!

暗号資産(仮想通貨)の扱い方に慣れた場合は、取引所での売買を強くオススメします。

「成行」や「指値」など自分が売買したい価格で取引できる

取引所のもう一つのメリットは「成行」だけでなく「指値」で購入できることです。

成行とは 現在の売買価格で取引をすること。

指値とは 自分が購入したい希望価格を設定して取引すること。

たとえば1BTCが450万円のとき、現在の価格で購入することを成行。450万円が、5万円下がって445万円になった場合や、455万に上がったときに“購入予約”して取引するのが指値です。

ふじさと

成行は現在の価格で取引するのに対し、指値は自分が「あと少しで下がりそうだな。そのタイミングで購入したい」などの予約取引が可能です。

希望価格になったタイミングで取引するため、自分の資産の計算がしやすい決済方法といえるでしょう。

取引所のデメリット

取引所のデメリットは次のとおり。

取引所のデメリット
  • 取引方法が販売所に比べると少し複雑
  • 暗号資産業者によって最低取引額が販売所に比べると高い
  • 取引が成立しない場合がある

取引方法が販売所に比べると少し複雑

取引所での取引方法は、販売所に比べると少し複雑です。

ふじさと

とはいえ、そこまで難しいわけではなく慣れれば問題ありません。

何度か取引を重ねていくうちに慣れてきますので、やってみてください。

暗号資産業者によって最低取引額が販売所に比べると高い

もう一つのデメリットは、最低取引額が販売所に比べると高いことです。

暗号資産取引業者によって異なりますが、コインチェックの場合「0.05BTC」から、ビットフライヤーの場合は「0.001BTC」からの取引となります。

1BTCが500万円の場合

0.05BTC=25,000円
0.001BTC=5,000円

取引所を利用する場合は、ビットコインの価格にもよりますが5,000円以上必要です。

取引が成立しない場合がある

取引所はユーザー同士で取引するため“取引が成立しない”ことがあります。

たとえば指値の場合、あなたの希望額にあうユーザーでないと取引が完了となりません。

暗号資産業者が売買をしている取引所と比べ、販売所は“取引が成立しない場合がある”ということを覚えておきましょう。

暗号資産(仮想通貨)を購入する場合に当サイトオススメの暗号資産業者はこれ

仮想通貨(暗号資産)を購入する場合にオススメの仮想通貨業者はこれ

販売所」と「取引所」の違いがわかったところで、当サイトでオススメの暗号資産業者を紹介します。

オススメ暗号資産業者
  • Coincheck(コインチェック)
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • GMOコイン

Coincheck(コインチェック) アプリダウンロード数No.1

【公式サイト】https://coincheck.com/ja/

最初に紹介するのは、アプリダウンロード数No.1の「Coincheck(コインチェック)」です。

オススメな理由
  • アプリのダウンロード数415万でNo.1 (※1)
  • 操作がめちゃくちゃ簡単
  • 500円から暗号資産(仮想通貨)の購入可能
  • 取引手数料無料
  • 取扱通貨の銘柄数が多い

※1 対象期間:2020年 データ協力:AppTweak

コインチェックはアプリのダウンロード数がなんと415万突破している暗号資産取引所です。

また、東証一部上場のマネックスグループの完全子会社のため信頼性もバッチリ。

ふじさと

ビットコインなどの暗号資産デビューに間違いない取引所といえます!

>> 【無料】コインチェックで暗号資産(仮想通貨)を始める

bitFlyer(ビットフライヤー) ビットコイン取引量 国内 No.1

【公式サイト】https://bitflyer.com/ja-jp/

続いては、初心者から上級者まで利用でき、スマホアプリの使い勝手がいい「bitFlyer(ビットフライヤー)」です。

オススメな理由
  • ビットコイン取引量 国内 No.1 (※1)
  • 暗号資産(仮想通貨)を用いたFXや、暗号資産(仮想通貨)を用いた先物に対応している
  • 100円から暗号資産(仮想通貨)の購入可能
  • テクニックチャートがパソコンとスマホの両方で利用できる
  • 「取引所」でのビットコインの売買がスマホアプリで利用できる

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含
む)

ビットフライヤーはビットコイン取引量 国内 No.1と、初心者から上級者まで多くの方に利用されています。

また、コインチェックにはない、ビットコインのレバレッジがかけれる「暗号資産(仮想通貨)を用いたFX取引」や、空売りができる「暗号資産(仮想通貨)を用いた先物取引」に対応するなど、非常にバランスがいい取引所です

高性能なテクニックチャートもあるため、スキャルピング(デイトレード)にも向いています。

>> 【無料】ビットフライヤーで暗号資産(仮想通貨)を始める

GMOコイン 最短10分のスピード口座開設

【公式サイト】https://coin.z.com/jp/

最後は、上場企業のGMOが運営しているGMOコイン」です。

オススメな理由
  • 運営グループが東証一部上場企業
  • レバレッジ取引ができるFXや、空売りができる先物に対応している
  • 11種類のコインが「取引所」に対応
  • ビットコイン以外もレバレッジ取引に対応
  • 暗号資産(仮想通貨)の送金手数料が“無料”

ビットコインだけでなく、アルトコインの「販売所」があったり、レバレッジがかけれる「FX取引」や、空売りができる「先物取引」に対応したりするなど、トレーダーにオススメの取引所です

また、GMOコインは暗号資産の送金手数料が0円(無料)と、海外口座やNFTの送金などでもお金がかかならいの大きなメリットといえます。

コインチェックやビットフライヤーで物足りない方は、GMOコインを使ってみるとよいでしょう。

>> 【無料】GMOコインで暗号資産(仮想通貨)を始める

「販売所」と「取引所」の違いを理解して暗号資産(仮想通貨)の取引をしよう

「販売所」と「取引所」の違いを理解して仮想通貨の取引をしよう

以上、「販売所」と「取引所」の違いを解説しました。

それぞれのメリット・デメリットを把握してあなたにあった取引方法を選んでください。

暗号資産の口座開設方法・始め方はこちら

コインチェックの口座開設方法はこちら

ビットフライヤーの口座開設方法はこちら

GMOコインの口座開設方法はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次