【解決】RunBlox(ランブロックス)のアプリ内ウォレットにMIGRATEする方法丨マーケットプレイスの靴やトークンの反映

【ウォレット】RunBlox(ランブロックス)のアプリ内ウォレット作成方法とマーケットプレイスの連携・反映方法

「ランブロックスのアプリ内にウォレットが作成できるようになったみたいだけど、どうすればいいの?」

「ランブロックスでウォレットを作ったら、今までのNFTスニーカやトークンが無いんだけど……」

「マーケットプレイス内にある靴やトークンをウォレットを反映させる方法を教えてほしい」

このような悩みに答えます。

こちらの操作は、今までテストでRunBlox(ランブロックス)を利用されていた方限定の操作です。

通常のアプリダウンロード、ウォレット作成方法はこちらの記事をご覧ください。

>> ランブロックスのアプリダウンロードとウォレット作成の方法

ランブロックスのバージョンアップに伴い、ついにアプリ内にウォレットができました。

ふじさと

これでメタマスクとランブロックスを接続する、めんどうな手続きともお別れです。

しかし「ウォレットの作成方法」や、「新たに作成したウォレットに今までの靴やトークンの反映方法」がわからずにお困りではないでしょうか?

そこで今回は、新しくウォレットを作成する方法と、以前の情報を新しいウォレットに反映させる方法を画像付きでわかりやすく解説します。

この記事を読めば、新しいウォレットですぐ遊べるようになりますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

RunBlox(ランブロックス)のアプリ内ウォレットの作成方法

RunBlox(ランブロックス)のアプリ内ウォレットの作成方法

最初に、新しく反映されたアプリ内ウォレットの作成方法から解説します。

ランブロックスのアプリを立ち上げてください。

STEP
【スマホアプリ】RunBlox(ランブロックス)のアプリ内ウォレットの作成方法

ウォレットの選択画面が表示されるので、新しく作成するために「Create Wallet」を選択します。

STEP
【スマホアプリ】RunBlox(ランブロックス)のアプリ内ウォレットの作成方法

ランブロックスで使うための4桁の暗証番号を入力。

STEP
【スマホアプリ】RunBlox(ランブロックス)のアプリ内ウォレットの作成方法

入力したら「Repeat Passcode Please」と表示されるので、もう一度同じ番号を入力します。

STEP
【スマホアプリ】RunBlox(ランブロックス)のアプリ内ウォレットの作成方法

続いて、ウォレットのパスワード、12桁の「シードフレーズ」が表示されるのでメモしましょう。

シードフレーズは、大切なお金を管理するパスワードのため、絶対に誰にも教えないよう注意して管理してください。

STEP
【スマホアプリ】RunBlox(ランブロックス)のアプリ内ウォレットの作成方法

さきほどのシードフレーズがランダムに表示されるので、数字順に並べていきましょう。

STEP
【スマホアプリ】RunBlox(ランブロックス)のアプリ内ウォレットの作成方法

すべて並べたら「Confirm」をタップ。

STEP
【スマホアプリ】RunBlox(ランブロックス)のアプリ内ウォレットの作成方法

フェイスIDの設定画面になるので「Turm on Face ID」をタップします。

STEP
【スマホアプリ】RunBlox(ランブロックス)のアプリ内ウォレットの作成方法

ランブロックスのアプリ画面になれば、ウォレット作成は完了です。

初めてランブロックスを始められる方は、このままの状態ですぐ遊べます!

ただ、以前から利用していた方は、靴やトークンが何も引き継がれていない状態ですので、アプリとマーケットプレイスの情報を紐付ける必要があります。

ふじさと

次の項目では、以前の情報を反映させる方法をお伝えします。

【MIGRATE】RunBlox(ランブロックス)の新しいウォレットとマーケットプレイスを連携し靴とトークンを反映させる方法

RunBlox(ランブロックス)のアプリウォレットと以前のマーケットプレイスを連携させ情報を反映させる方法

続いては、新しいウォレットに、今まで使っていたマーケットプレイス(メタマスク)の情報を接続し反映させていきましょう。

ここから先はアプリ内ウォレットがないときからランブロックスを使っていた方限定の方法です。

公式の動画でも、やり方が載っています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次