【めちゃくちゃお得】仮想通貨(暗号資産)のレンディング(貸出)とは?完全放置で資金を増やす

【めちゃくちゃお得】仮想通貨(暗号資産)をレンディング(貸し出)してリスクなく完全放置で資金を増やす

「仮想通貨のレンディングってなに?」

「ビットコインを貸したら利息が貰えるの?」

「銀行預金より金利がいいって聞いたんだけど、詳細を詳しく教えてほしい」

ふじさと

どうもふじさとです。
今回は、このような悩みを解消します。

仮想通貨の資産運用に「レンディング(貸仮想通貨)」という方法があります。

レンディングとは、自分が持っている暗号資産(ビットコインやイーサリアム)を他の方に貸し出して、その分の利息を得ること。

レンディングは、非常に高い金利を得られるため、ガチホする人にとって非常に人気のサービスです。

そこで今回は、レンディングの詳細やメリット・デメリット、やり方などを徹底解説します。

この記事を読めば、レンディングについて誰よりも理解できて、完全放置で資産を増やせるようになりますので、ぜひ最後まで読んでチャレンジしてみてくださいね。

目次

暗号資産におけるレンディング(貸仮想通貨)とは

仮想通貨・暗号資産のレンディング(貸仮想通貨)とは
レンディング(貸仮想通貨)とは

レンディングとは、手持ちの仮想通貨(暗号資産)を第三者に貸し出して利息を得ること。

銀行の預金と同じで、仮想通貨バージョンと考えるとわかりやすいでしょう。

ふじさと

銀行預金が0.001%の時代に、仮想通貨のレンディングは1%〜5%と圧倒的に金利が高いのが特徴です。

ですから仮想通貨を持ったことがない方からも人気を集めている、新しい資産の増やし方なのです。

レンディング(貸仮想通貨)のメリット

暗号資産におけるレンディング(貸仮想通貨)のメリット

続いて、仮想通貨を使ったレンディング(貸仮想通貨)のメリットを3つ紹介します。

銀行より圧倒的に高い金利

レンディングの最大の特徴は、銀行に預けるより圧倒的に高い金利にあります。

なぜなら一般的な銀行の金利「0.001%」に対し、レンディングの金利は「1%〜5%」と1000倍以上もあるからです。

ふじさと

ちなみに、比較的金利の高い楽天銀行でさえ利息は「0.02%」です。

たとえば、楽天銀行に100万円を預けた場合に1年間で貰える利息は200円です。一方、金利3%の仮想通貨レンディングの場合、100万円預けると3万円となり、その差は150倍です。

同じお金を預けるのであっても、どちらが得かは一目瞭然ですよね。

知識不要の放置でOK

レンディングは、知識が不要の完全放置で問題ありません。

レンディングは仮想通貨(暗号資産)を貸し出すだけのため、トレードのようなチャートやテクニックを覚える必要がないからです

一度レンディングの手続きをすれば、あとは“完全放置で利益を得られる”のは大きなメリットといえるでしょう。

少ない資金から始められる

レンディングは少ない資金からでも問題なく始められるのも魅力でしょう。

ふじさと

国内大手のCoincheck(コインチェック)の場合は、1万円からレンディングを始められます。

初めての新しいことにチャレンジするのは不安になりますよね。

ですから少ない資金から始めて、慣れていけるのも嬉しいポイントといえます。

レンディング(貸仮想通貨)のデメリット

暗号資産におけるレンディング(貸仮想通貨)のデメリット

メリットがある一方で、デメリットも当然あります。

レンディングのデメリットは次の2つ。

仮想通貨の相場によって元本が変動する

レンディングの最大のデメリットは、元本が相場によって変動することです。

たとえば、貸出のタイミングで「1BTC=450万円」だったとしても、30日後には「1BTC=430万円」と20万も下がっている可能性もあります。

銀行に預けている場合、相場がないので元本がマイナスになることはありません。ただし仮想通貨の場合、元本がマイナスになったり逆にプラスになったりする可能性があるのです。

ですからレンディングをする場合、将来的に価格が上昇する可能性のあるコインを選ぶことが重要です。

アメリカの大手金融機関「ゴールドマンサックス」では、ビットコインが今後5年以内に1BTC=1,000万円に達すると予想しています。現在は1BTC=500万前後。

ふじさと

マイナーなコインより「ビットコイン」や「イーサリアム」などのメジャーな通貨でレンディングを始めるのが無難といえるでしょう。

レンディング中はキャンセルや取引ができない

レンディング中は、途中キャンセルや売買などの取引ができません。

なぜなら、期間を決めて仮想通貨を貸し出すからです。

途中でお金が必要になっても、「出金」できないのはデメリットといえるでしょう。

銀行の定期預金と一緒で、レンディングは余剰資金で運用することをオススメします。

レンディング(貸仮想通貨)を利用した場合の金額シミュレーション

暗号資産におけるレンディング(貸仮想通貨)を利用した場合のシミュレーション

続いては、レンディングを利用した場合のシミュレーションを見ていきましょう。

比較するために、楽天銀行も一緒にシミュレーションします。

1年間預けた場合。楽天銀行は「0.02%」。仮想通貨のレンディングは「3%」の金利で計算。

預ける金額楽天銀行レンディング
50万円100円15,000円
100万円200円30,000円
200万円400円60,000円

その差はなんと150倍!!

ふじさと

この金利を一度知ってしまうと、銀行にお金を預けるのがいかにもったいないか、わかりますよね。

ですから仮想通貨の取引をしたことがない方も、レンディングのために口座を開いている方が増えてきているのです。

レンディングができる

レンディング(貸仮想通貨)の始め方・登録方法

暗号資産におけるレンディング(貸仮想通貨)の始め方・登録方法

ここでは、国内の代表的な仮想通貨業者、コインチェックを例にして解説していきます。

レンディングを始める手順は4つ。

それぞれのやり方を詳しく説明しているので、すでに仮想通貨を持っている方は「レンディングを申請する」をタップして先に進んでください。

コインチェックの口座開設

【公式サイト】https://coincheck.com/ja/

最初に、上のURLから無料でコインチェックの口座開設をしましょう。

10分くらいでサクッと終わるので簡単です。

不明な点は「【初心者でも簡単】Coincheck(コインチェック)の登録・口座開設の仕方を画像付きで紹介」こちらの記事で詳しく解説しています。

ウォレットに日本円を入金

口座開設したら、コインチェックのウォレットに入金しましょう。

入金方法は3つあります。

入金方法
  1. 銀行振込
  2. コンビニ入金
  3. クイック入金

今回のレンディングをする場合、入金方法は「銀行振込」がオススメです。

なぜなら「コンビニ入金」と「クイック入金」は7日間の資金移動制限があるからです。

レンディングする際は、購入した仮想通貨を貸暗号資産アカウントに「振替(資金移動)」する必要があるため、銀行振込以外だと、7日間は待たないといけません。

入金の詳細は「【簡単】コインチェックで入金するなら銀行振込がオススメ。入金までの操作方法を画像付きで解説」で解説しています。

ビットコインなどの仮想通貨を購入

次に、ビットコインを始めとした仮想通貨を購入しましょう。

コインチェックで仮想通貨を購入する方法は2つあります。

購入する方法
  • 販売所で購入する
  • 取引所で購入する

オススメなのは手数料が安い「取引所」です。

しかし0.05BTC(1BTCが500万円なら25,000円)からでないと取引ができないので、少額で仮想通貨を購入する場合は「販売所」を利用してください。

詳しい内容は「【保存版】Coincheck(コインチェック)でビットコイン(仮想通貨)の買い方・売り方をわかりやすく解説」で確認できます。

レンディングを申請する

事前の準備が整ったら、最後にレンディングの申請をしましょう。

コインチェックで仮想通貨をレンディングする方法は次のとおり。

レンディングの設定方法
  1. 貸暗号資産アカウントの登録
  2. 「取引アカウント」から「貸暗号資産アカウント」にコインを振替
  3. レンディングの申請
ふじさと

とくに難しいことはありませんので安心してください。

詳細は「【完全放置でOK】Coincheck(コインチェック)で仮想通貨をレンディングする方法・始め方を解説」で解説しています。

レンディング(貸仮想通貨)を利用してお得に資産を増やそう

暗号資産におけるレンディング(貸仮想通貨)で資産をお得に増やそう

今回は仮想通貨のレンディングについて紹介しました。

レンディングは、仮想通貨を“貸して利息を得る”とても合理的な資産運用方法です。

もし銀行に預けている貯金があるのであれば、デメリットも加味したうえでレンディングを始めてみてはいかがでしょうか。

コインチェックでは、1万円からの少額投資が可能です。

ふじさと

私もビットコインで実際にレンディングをしていますので、ぜひ少ない金額から始めてみてください

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次